アウトドア用品 キャンプ ファニチャー

ヘリノックスチェアのおすすめはこれ!タイプ、体重別で徹底比較!!

ヘリノックス チェアのカバー写真

こんにちは!当店はインテリア雑貨やアウトドア用品のネットショップを運営しているbiotope(ビオトープ)です。
このブログでは当店の商品紹介やライフスタイルの提案をご紹介しています。

今回はHelinox(ヘリノックス)のチェアについて比較しました!
項目別におすすめをまとめたのでよかったら参考にしてみてください。

 

おしゃれで快適なキャンプにおすすめ!ヘリノックスチェアとは?

キャンプグッズで人気のHelinox(ヘリノックス)ですが、キャンプを始めたばかりの方にはあまり馴染みがない人も多いと思います。
Helinox(ヘリノックス)はよりおしゃれに、より快適なキャンプスタイルを求めていく方に是非おすすめしたいブランドですが、

よくある質問

  • ヘリノックスってどんなブランド?
  • 何がおすすめなの?
  • どんな種類の商品があるの?
  • おすすめのヘリノックスチェアは?

など、様々な疑問があるかと思います。
その一つ一つの疑問に実際に商品を取り扱っている当店がお答えしていきたいと思います。

 

ヘリノックスってどんなブランド?

Helinox(ヘリノックス)はHILLEBERG社をはじめとする世界のトップアウトドアブランドにテント用のポールやパーツを提供している軽量アルミテントポールのトップメーカーである「DAC社」が2009年に立ち上げたアウトドアファニチャーブランドです。
Helinox(ヘリノックス)はテントやイス、コット、テーブルと様々な商品があり、どれも骨格となるポールには「DAC社」の技術で開発された非常に高い強度と柔軟性を合わせ持つ合金製ポール「TH72M」という素材が使われています。

おすすめできる理由

  • 高強度にもかかわらず軽く優れたコンパクト性
  • 腐食に強い合金加工
  • 高いデザイン性と豊富なカラーバリエーション
  • 種類豊富な製品ラインナップ

これらの特徴が備わっているため、キャンプグッズで要となる耐久性も安心、種類も多いのでリビングまで場所を選ばず幅広いシーンで活用できます。
また、Helinox(ヘリノックス)は環境汚染にも配慮しており、合金加工には独自に開発した環境に優しい加工技術が採用されています。

 

ヘリノックスチェアの種類とおすすめを比較!

Helinox(ヘリノックス)は先ほども述べた通りテントやコット、テーブルと様々な種類の商品がありますが特に人気があるのがチェアシリーズ。頑丈なポリエステル生地と超高力アルミフレームでできているこのシリーズは、座面がアルミフレームから吊り下げられており、座ってみると体を包み込むようなホールド感で快適さ抜群です。
椅子だけでも様々な種類の商品があるのでその中で何を買ったら良いのか迷われるかと思います。
下記に商品の特徴とおすすめの選び方をご紹介しますのでご購入を検討されている方の参考になれば嬉しいです。

【デザイン別に比較】おすすめなヘリノックスチェア

Helinox(ヘリノックス)の中でもデザインにいくつか種類がありますのでご紹介いたします。

ホーム・デコ&ビーチ

ホームデコ&ビーチのイメージ画像

こちらはリビングなどのインドアからキャンプなどのアウトドアまでシーンを選ばず使いたい方におすすめです。

日常に溶けこみやすいシンプルなデザインが特徴で、座面の素材はポリエステルではありますがキャンパス地のような触り心地です。
収納袋は付属のものは椅子に取り付けできませんが別売りのアクティビティケースを購入すればタクティカルチェアのように取り付けることも可能です。
また、カラーバリエーションも豊富なので様々なインテリアのテイストとも合わせやすいです。
もちろん機能面でも丈夫さ、軽さ、携帯性も全て他のラインと同様の仕様になっています。

タクティカルサプライ

タクティカルサプライのイメージ画像

先程のホーム・デコ&ビーチに比べ、ミリタリーなカラーと機能が特徴です。
機能面では収納袋がジッパー付きの小物入れになり、フレームの足に取り付けられるようになっています。また両サイドにカーゴポケットがついているので携帯電話や小物等を収納することも可能です。さらに背面にはベルクロが付いているので、ワッペンや夜間視認性を上げるための反射板などを付けてカスタマイズしたい人におすすめです。

コラボレーションモデル

Helinox(ヘリノックス)は様々なブランドとのコラボレーション商品も販売しております。
毎年変わるので気になる方はヘリノックス公式ページでチェックしてみて下さいね!

mont-bell(モンベル)取り扱い製品

ヘリノックスは上記3種類のモデルの他に、見た目やカラーバリエーションが異なる『チェアワン』や『グランドチェア』などのモンベル様でお取り扱いのあるモデルもあります。
モンベル様でお取り扱いの商品は本記事では紹介しておりません。ご了承ください。

【種類別に比較】おすすめなヘリノックスチェア

ヘリノックスチェアを並べた写真

ヘリノックスチェアの材質は全て同じです。

■フレーム素材:金属(アルミニウム合金)、樹脂、ヒンジ
■先端部素材:ナイロン
■張り材素材:ポリエステル
■収納袋素材:ポリエステル
■表面加工:フレーム(アルマイト)
■付属品:収納袋

収納袋の基本的な種類は

ホーム・デコ&ビーチ↓

コンフォートチェア収納時

タクティカルサプライ↓

タクティカルチェアリアルツリーケース

このようなデザインになります。

以下より各商品をご紹介しますね。

子供から大人まで、コンパクトに持ち歩きたい人におすすめの種類

チェアミニ

チェアホームミニ
ヘリノックスチェアミニタイプはスタンダードなチェアワンタイプをベースにコンパクトなミニサイズに軽量化した種類です。

■使用サイズ:幅40×奥行き34×高さ44(cm)
■収納サイズ:幅28×奥行き8×高さ17(cm)

座面高:23cm
■使用時重量:460g

収納時重量:570g
ブランド:ホーム・デコ&ビーチ/タクティカルサプライ

ヘリノックス品質はそのままに一回り小さくしたチェアです。子供から大人までご使用頂けます。
タクティカルチェアミニは付属でミニカップホルダーがついてます。
チェアホームミニのケースはトートバックになっていて持ち歩きやすいですよ。
このトートバックも可愛くて持ち歩くにもおすすめです!

チェアホームミニのトートバッグ

チェアワン

ヘリノックスコンフォートチェア

ヘリノックスチェアワンは最もスタンダードなラインです。上の写真はホームデコ&ビーチのデザインです。

下記はホーム・デコ&ビーチの規格です(商品によって多少の規格の違いがあります)

■使用サイズ:幅52×奥行き53×高さ67(cm)
収納サイズ:14φ×高さ35(cm)
座面高:34cm
■使用時重量:980g

■収納時重量1100g
ブランド:ホーム・デコ&ビーチ/タクティカルサプライ

この種類のデザイン違いであるタクティカルシリーズは、収納袋がジッパー付きのポリエステル生地で袋をフレームに通すことで小物を入れることができます。またシートの両側面にはポケットも付いていて、携帯電話を入れたりすることもできます。よりアウトドアに適した機能とデザインが好みならこちらのタクティカルシリーズがおすすめですよ!

タクティカルチェア タクティカルチェア側面

ゆったりと座りたい方におすすめなヘリノックスチェア

チェアL

タクティカルチェアL正面

■使用サイズ:幅58×奥行き72×高さ55(cm)
収納サイズ:幅42×奥行き14×高さ(cm)
座面高:37cm
■使用時重量:1075g
収納時重量:1200g
耐荷重:145kg
ブランド:タクティカルサプライ

タクティカルチェアより一回り大きいサイズ感です。大きくなった分、収納時の大きさと重さもやや増えてますが、男性で少し体格の良い方や余裕を持って座りたい方にはおすすめのイスです。
ただし、デザインがタクティカルサプライのみなのでホーム・デコ&ビーチの方が好みな方には次のチェアXLの方がおすすめです

チェアXL

チェアワンホームXL正面

こちらはホーム・デコ&ビーチのみの商品です。コンフォートチェアをベースにしたヘリノックスの種類の中では最大幅のイスです。

■使用サイズ:幅68×奥行き59×高さ89(cm)
収納サイズ:L46cm×φ15cm
座面高:47cm
■使用時重量:626g
収納時重量:1770g
耐荷重:145kg
ブランド:ホーム・デコ&ビーチ

耐荷重は他の商品と同じ145kgですが、幅が広いので一人がけのソファー感覚でゆったりと座れます。ホームデコ&ビーチのシリーズでゆとりを持って座りたい方はこちらがおすすめです!

360°手が届く!回転するヘリノックスチェアの種類

スウィベルチェア

スウィベルチェア正面

座面が360°回転するタイプの椅子です。
こちらはタクティカルサプライのみですが、気軽に椅子の向きを変えたい機能面重視の方におすすめです。

■使用サイズ:幅53×奥行き52×高さ70(cm)
■収納サイズ:幅40×奥行き14×高さ12(cm)
■座面高:39cm
■使用時重量:1200g
■収納時重量:1360g
ブランド:タクティカルサプライ

スウィベルチェアは、座面の大きさはチェアワンタイプとさほど変わりがないのですが座った印象はやや浅めです。持ち運びの多い人よりもキャンプなどで料理をしたりと一つの場所から動かずに作業したい人が向いているかもしれませんね。
回転パーツがついている分チェアワンより座った印象が少し高めです。

リラックスしたい人におすすめ!背もたれ長めヘリノックスチェア

チェアツーホーム

チェアツーホーム正面

こちらはホーム・デコ&ビーチのみで、コンフォートチェアをベースに座面の背もたれが長めのイスです。首から上もサポートし、よりリラックスした体勢で座れます。
別売りのロッキングフットを組み合わせるとロッキングチェアになります。

■使用時サイズ:幅55×奥行き65×高さ84(cm)
■収納時サイズ:15φ×高さ46(cm)
■座面高:34cm
■使用時重量:1150g
■収納時重量:1280g
ブランド:ホーム・デコ&ビーチ

ロングバックの中では奥行きが最も浅く、次に紹介する2つに比べ上体が起き上がる姿勢に近くなります。リクライニングというよりは背もたれが長い椅子と思って頂いたら良いと思います。

サンセットチェア

サンセットチェア正面

ロングバックタイプの中でのよりリラックスしやすい形状の椅子です。背もたれの角度がチェアツーホームよりも後ろにもたれ易い角度になっていますのでリクライニングチェアのようにゆったり座れます。
こちらも別売りでロッキングフットをつけることができます。

■使用サイズ:幅59×奥行き73×高さ98(cm)
■収納サイズ:16φ×高さ46(cm)
■座面高:46cm
■使用時重量:1450g
■収納時重量:1595g
ブランド:ホーム・デコ&ビーチ/タクティカルサプライ

こちらはチェアツーホームより座面が高めなので、背が高い人の方が座った時にしっかりと地に足が着くのでおすすめです。また、高さがあるおかげで座り姿勢から立ち上がるのが容易です。
収納時のサイズや重さもチェアツーホームよりは少し大きくなってます。

ビーチチェア

ビーチチェア

名前の通り、ビーチでも埋まりにくい足の形状が特徴です。また濡れた状態でも座りやすいようシートがメッシュ素材になっています。
海キャンプにおすすめの種類です!

■使用サイズ:幅59×奥行き73×高さ80(cm)
■収納サイズ:16φ×高さ48(cm)
■座面高:27cm
■使用時重量:1450g
■収納時重量:1595g
ブランド:ホーム・デコ&ビーチ

こちらの収納袋はメッシュ素材のトートバッグです。

ビーチチェアのバッグ

【体重別で比較】おすすめなヘリノックスチェア

Helinox(ヘリノックス)は椅子自体は軽量なのに丈夫なところも良い点だと思います。
ただ、種類によっては体重制限が異なるので購入前には一度確認されることをおすすめします。

〜90kg
チェアミニ

〜120kg
スウィベルチェア

〜145kg

  • チェアワン
  • チェアL
  • チェアXL
  • ビーチ
  • チェアツー
  • サンセット

ほとんどの商品は耐荷重もしっかりしているので大柄の方でも安心して座れますが、ミニとスウィベルチェアのみ体重制限が少し少なめなのでご注意ください。

Helinoxヘリノックスチェアの欠点

こちらも押さえておいて欲しいヘリノックスチェアの欠点について。

  • 風に弱い
  • 組み立てがワンタッチタイプよりは多少時間がかかる

ヘリノックスはどの種類でも売りでもある軽量・コンパクト性に非常に優れているがために、キャンプなどの屋外の使用では風には弱く椅子だけで置いておくと倒れやすいです。
常に座っているならば問題ありませんが、席を離れるときは何か重石になるようなものを座面に置いておくことをおすすめします!
また、ヘリノックスは他の組み立てがワンタッチの折りたたみ椅子よりは多少手間がかかります。
ですが、アルミフレームははすぺて中でゴムのような伸縮性の紐で繋がっており、接続部分にはめるだけで2分程で簡単に組み立てられます。それよりも当店としては、持ち運びが楽な点と使わない時の収納場所にも困らないコンパクトさがとても便利なのでおすすめのブランドです。

 

まとめ

色々とご紹介しましたが、お求めの椅子はありましたでしょうか?
Helinox(ヘリノックス)は椅子1つでもたくさんの種類がありますが、キャンプや家の中など、どんな場面で一番使いたいのかによっても選ぶ商品を迷いがちです。
携帯性、デザイン、快適性、収納力…何を最重要するかによって比較対象も変わります。

あなたにとって最適なイスが見つかるよう是非納得がいくまで比較してみて下さいね。

\ヘリノックスの商品ページはこちら!/

楽天市場はコチラ

Yahooショッピングはコチラ

 

\ こちらの記事も合わせてどうぞ /

ヘリノックスチェアの座り心地を表す写真
ヘリノックスってどうなの?座り心地が悪いと感じる人の特徴を検証!

続きを見る

-アウトドア用品, キャンプ, ファニチャー
-